2019北海道旅 まとめ

北海道から帰ってきて、早くも一ヶ月以上が経過しました。

まとめ記事を作る気満々だったのに、だいぶ放置してしまいました...

 

 北海道旅一日目↓ 

tabiog.hatenablog.com

 

旅の準備段階では、いろんな方のブログや旅行記を参考にさせてもらいました。

自分のブログもちょっとでも参考になれば幸いです。

 

2019北海道旅

期間     2019.08.27~2019.10.05の40日間(内5日は道外移動)

走行距離   約9900㎞

費用     約33万円

 

ざっとこんな感じです。

大体想定内ぐらいですが、思ったより走ったなー。一万㎞一歩手前。

費用は一日一万円ぐらいで考えていたので、思ったより安かった。

 

費用内訳

ガソリン  約70,000円

フェリー   40,580円

高速       5,450円(道内での使用はなし。本州四国間+α)

 

宿泊    約22,000円(ホテル5泊/キャンプ場5泊)

温泉    約16,000円

 

食費     約100,000円

 

観光    約20,000円(入場料、駐車場代など)

土産    約36,000円

 

その他   約10,000円(コインランドリー、日用品など)

 

レシートが出ない分もあるので、財布に入れていた額とカードの明細からのだいたいの金額です。 

 

 北海道は温泉が安くて、道の駅も多く、車中泊に優しいですね。

ただ、その分マナーの悪い人も多いみたいで、注意書きも結構見かけました。

そういった影響からか、ゴミ箱が極端に少ないのがちょっと苦労しました...。

 

 

 写真は一番お気に入りの立坑、奔別立坑。

他にも写真をいっぱい撮ったので、そのうちテーマを絞って、UPしていきたいです。

f:id:tabiog:20191030184756j:plain

 

求職活動

仕事を辞めてから、一ヶ月以上が経過しました。

有休消化期間を合わせると、二か月以上自由な暮らしを満喫していた訳ですが、

そろそろ再就職に向けて真面目に取り組んでいきたいと思います。

 

本音をいうと、まだまだ遊んでたいし、なんなら仕事せずに生きていきたい。

しかし、そんなことが許されるほどの資金など有るはずもなく...

 

いい条件の職に早くつけるように頑張ります。

 

今日の一枚。

明るい未来が訪れることを願って。

f:id:tabiog:20191104141127j:plain

 

高越(こうつ)山登山

昨日は高越山へ行ってきました。

仕事を辞めてから、日々の運動量が減ってしまっているので、運動不足解消に。

 

登山口に車を停めて、人工林の中を歩きます。

平坦な所や下りはほとんどなく、頂上まではひたすら登りが続きます。

 

途中、鉄塔を潜り抜ける箇所が5つほどあります。

f:id:tabiog:20191103171142j:plain 

鉄塔近くを通る登山道はわりとあるけど、くぐる機会はあまりない気がします。

 

鉄塔越しの風景。

f:id:tabiog:20191103171208j:plain

 

中ノ郷

 f:id:tabiog:20191103171243j:plain

桜がちょうど紅葉していました。

 f:id:tabiog:20191103171306j:plain

神仏習合の名残か、お寺ですが鳥居があります。

ベンチもあるので、ここでちょっと長めの休憩。

 

そしてまたひたすら登ります。

f:id:tabiog:20191103171352j:plain

 

ここまで来ればあと少し。

 f:id:tabiog:20191103171428j:plain

 

高越寺です。

 f:id:tabiog:20191103171518j:plain

だいぶ痛みが見られますが、立派な山門があります。

近くまで車でも上がってこれるので、登山者以外にお参りに来られている方もいらっしゃいます。

 

頂上まではもう少しなのですが、今日はここで下山することにします。

1000m近くの標高差を登ってきたので、まぁ十分でしょうということに。

下山も延々と下るので、結構足にきます...

 

 

赤樫

 f:id:tabiog:20191103171550j:plain

中ノ郷にあります。

行きはスルーしたので、帰りに寄りました。

 

ちょっと休憩して、またひたすら下ります。

山頂まで行ってないので、ちょっと余力がある気でいましたが、最後はやっぱり足が痛くなってきました...

もう少しなだらかな山の方が歩きやすくていいですね。

とはいえ、しんどいと分かっていても、ついつい挑戦してしまうのですが。(笑)